これからのライフスタイルをよりお手軽に実現してくれるのが、リフォームです。
長尾工務店なら、様々なニーズに合わせた改修工事が可能です。 今のお住いに、不便不自由を感じたらお気軽にご相談ください。

●戸建て ●旧家 ●マンション ●キッチン ●リビング/ダイニング ●洗面室/バスルーム/トイレ ●和室/子供部屋/寝室 ●玄関/ホール ●外観(外壁・屋根)/エクステリア etc...

高齢者になると、ちょっとした段差であってもけがをしてしまうことがあります。 福祉介護リフォームは一般的なリフォームとは違い、将来運動能力が低下したした場合のことも考えた、生活空間づくりが必要です。

費用は、地方自治体の住宅改造補助費、公的団体の住宅改造費の助成、融資制度なども活用出来る場合がありますので、まずはケアマネージャーさんへご相談下さい。

長尾工務店では、面倒な役所の手続きも含め対応いたします。

  • 手すりの取り付けは、様々なシーンを想定して、検討する必要があります。
    特に浴室では、水で滑りやすい上に立ったり座ったりするので、転倒しやすく危険です。
    出入り口、浴槽、洗い場の壁の最低3ヵ所には手摺りの設置をオススメします。

  • ほんの数センチの段差につまずいて骨折…という事は決して珍しくありません。
    特に家の中と外を行き来する玄関・エントランス・勝手口は危険がいっぱいです。
    また、廊下から各部屋への出入り口も危険です。

  • ドアは、ノブの操作を考える必要があります。
    握力が衰えることを想定し、引き戸やアコーディオンカーテンがオススメです。
    開口部を広くでき、通りやすくなるのも特徴です。

  • 和式だと、段差が出来てしまうこと、そしてかがむことによる身体への大きな負担が考えられます。洋式便器ではそういった負担が軽減されます。
    また便座の保温機能や、ウォシュレット、ふたの自動開閉から便座の昇降機能など、非常に便利なものもあります。

  • お風呂場など滑りやすい床には、表面に刻まれた凹凸でサッと乾く床材なら、水滴がほとんどたまらないので思わぬ転倒を防げます。

※必ずケアマネージャーさんにご相談ください。

上記ご紹介のリフォーム工事は、介護住宅改修費補助制度の利用で、自己負担金額が少なくなる場合があります。詳細は市町村によって異なりますので、介護保険の仕組み等含め、まずはケアマネージャーさんへご相談下さい。

  • <条件例>
  • ・介護認定を受けている方
  • ・段差解消
  • ・手摺の取り付け工事
  • ・和式トイレから洋式トイレへの変更など
  • ・本人が在宅であること
  • ・申請上限20万円(介護保険給付上限額18万円)